婦人

ほくろをクリニックで除去する│コンプレックス解消プラン

皮膚治療の方法

鏡を見る女性

サイズや深さが重要

顔やその他の体の部分にあるほくろに悩んでいる人は少なくありません。目立つ場所でなければいいですが、顔や腕だと鏡を見たときに気になってしまう人も多いでしょう。そのほくろは現在除去が可能となっています。ほくろの除去は、現在多くの美容整形外科が手掛けています。美容整形治療の中でも比較的アプローチ法が限られてくるのが、ほくろです。最近の一般的な除去の方法としては、レーザー治療や切除術が挙げられます。適した方法を選択する際には、ほくろの大きさや発生部位の深さが一つのチェックポイントです。比較的小さく、皮膚の浅い部分から発生しているほくろの場合には、レーザーによる治療が適用されます。この手の小さなほくろは、レーザー光で細胞を消失させることが可能です。組織がきれいに取り除かれれば、再発のリスクも防げます。一方、ある程度大きいほくろの場合には、切除術が選択されることが多いです。大きく表面が盛り上がっているほくろは、多くの場合皮膚の深い所から発生します。ですので、レーザー治療では組織をとり切れないことがあるのが一つの問題です。切除による除去であれば、医師の手技で綺麗にほくろを取り除くことが出来ます。美容整形クリニックでのほくろの除去は、傷口が目立たないのが常です。ほくろを取り除いた部分には多少の凹凸や赤みが残りますが、時を追うごとに改善していきます。顔のほくろを治療した場合は、一定期間はメイクを控えることが必要です。最近では、施術直後から使用が可能なコスメも登場しており、場合によっては早めにメイクがスタートさせられます。特にレーザー治療の場合は、ダウンタイムが大分短くなるのが一般的です。切除術では、抜糸が行われるまでは多少の生活上の制限が発生します。それでも生活に支障が出るほどではないことがほとんどなので、安心して受けることが出来ます。

便利なコスメ

施術を受けた後のメイクに関しては、担当医と事前に相談しておくのがベストです。ほくろの除去の場合にも、状態によっては、肌刺激の少ない専用コスメを使用することが可能です。ファンデーションやパウダーなどが使用出来れば、表面の赤みも少なからず抑えられます。通常の商品とほぼ同様のカバー力と炎症を抑える作用を合わせ持つのが、こういった専用コスメです。刺激を与えないのはもちろんのこと、使用することでダメージからの回復を早めてくれます。赤みを抑える作用もありますので、施術の痕を誰にも知られずに済むのが嬉しい所です。レーザー治療の後には、実のところ若干の赤みが現れます。ほくろを除去した場合にも、かさぶたが生じてくるのが通常の流れです。専用のコスメはこういったかさぶたを目立たなくさせることが可能であり、傷跡を気にせずに過ごせます。こういった特殊なコスメを利用したい場合は、取り扱いのあるクリニックを予め把握しておくことが大切です。近頃では治療後すぐに使用が出来るコスメも登場しており、工夫次第で施術後も快適に過ごせます。レーザー治療や照射による治療を積極的に行うクリニックでは、このようなコスメを導入していることが少なくないです。紫外線の刺激から肌を守るためにも、整形施術後のスキンケア対策は意外に重要です。