婦人

ほくろをクリニックで除去する│コンプレックス解消プラン

顔の黒点を取る方法

注射治療

状態によっては自力でも可

ほくろは顔にできるとコンプレックスになる人が多いといわれていますが、大きさやふくらみには個人差があります。小さくてふくらみがないほくろは、ほくろを取る専用のジェルやクリームで取ることが可能とされます。整形を扱う機関でほくろ取りをする場合は、大きく広がった形のほくろや3ミリ以上のふくらみがあるほくろが向いています。大きくても小さくても気になるものですが、全てのほくろが整形で取ることに向くわけではないのです。小さいなら自宅で専用商品を使用して取る、大きいなら整形外科や美容外科、皮膚科などで取ってもらうことをオススメします。大きいほくろには深い根があるのでクリームなどでは取り除くことが難しく、ふくらみが3ミリ以上のほくろは年月を経て大きくなる可能性が高いといわれているので、早めに整形外科や皮膚科に行くと良いでしょう。また色や形が普通のほくろとは違うような気がしたら、すぐにでも皮膚科で診てもらうと安全です。整形外科や美容外科などで行うほくろ除去方法には、メスで切除して縫合、くりぬき、高周波メスや電気メスを使用するといった方法があります。他にも炭酸ガスレーザーを使用したり、Qスイッチヤグレーザーを使用したりするなどの方法があります。それぞれほくろの種類によって有効性が異なってくるので、どの方法を用いて取り除くかは専門の医師の判断が必要になってきます。医師が判断しやすいように、ちゃんと相談することも大切です。費用について気になる人は多いですが、健康保険が適用されるか否かは、病院の判断に任されています。保険が適応されない可能性があることを心得ておきましょう。一方で、悪性である場合や危険性がある場合、病理検査に出した場合などは健康保険が適用されます。

状態によって方法を考える

メスで切除して縫合する方法は、直径で6ミリ以上になるふくらんだものが適しています。ほくろの周辺にある皮膚を切除して縫合するので、手術後の傷痕がしばらく痛むことがあります。抜糸は一週間ほどで行い、その後は化膿を防ぐために通院をして消毒などをしてもらいます。この方法は病理検査へ出せるので、悪性腫瘍かどうかが分かりますし保険も適用できる可能性があります。くりぬきという方法は、切除と違って直径で6ミリ以内のものが適します。その名称の通りほくろ部分を専用の器具を用いてくりぬき、止血は軟膏で行います。くりぬかれた部分がもりあがるまでに時間は要しますが、顔面は血流が多いため、回復が早いそうです。くりぬきも、病理検査をすることができます。高周波メスと電気メスは、ふくらみがあるものにオススメされます。色素細胞を破壊して削るという方法でやり過ぎると皮膚にへこみができるので、回数を分けて行うことが一般的です。炭酸ガスレーザーには、ふくらみがあるものや5ミリ以下のものに向きます。高周波メスなどのように細胞破壊をしますが、炭酸ガスレーザーでは削るではなく蒸発させます。大きさにより皮膚が少しだけえぐれた形になることがあるようですが、時間の経過と共に治ります。出血がないので、かさぶたの心配もありません。Qスイッチヤグレーザーは、小さいものやふくらみのないものに向きます。色素破壊で取り除く方法で、行った後は軽度のやけど状態になります。そのため、回数を分けて行います。小さくても根が深い場合は色素が残ることがあり、残らなくても細胞までは破壊できない方法です。しかし、色素が破壊できれば半永久的な効果があります。ほくろを取り除くといってもいろんな方法があり、形によって適した方法があります。整形外科の医師と相談して、どの方法で行うか決めると的確です。