婦人

ほくろをクリニックで除去する│コンプレックス解消プラン

黒い点を消しましょう

微笑む女医

特徴と原因を説明します

ほくろをコンプレックスに感じている人は多いことでしょう。人によっては、美容手術で消してしまいたいと考えています。しかし、実際に美容外科へ足を運ぶ前に、ほくろの特徴や発生原因と、除去するための整形方法について把握しておくと、余裕を持って受診に望むことができるでしょう。まず皮膚の中にはもともと、母斑細胞というものが点在しています。母斑細胞が何らかの理由で集まったものが、ほくろです。この細胞はメラニン色素を作るので、黒や茶色といった色があります。ほくろが出来る理由は様々ですが、1つは先天的なものです。ほくろが出来やすい体質は遺伝するため、親のほくろが多いと子供も生まれながらにほくろの数が多いと言われています。後天性に出来る場合の一番の理由は紫外線です。紫外線をたくさん浴びることでメラニンを作る細胞が活性化され、ほくろが出来てしまうのです。ストレスやホルモンバランスの乱れによっても、同じことが起こります。また、きつい靴や下着の影響などで皮膚が頻繁に刺激を受けることも、細胞が傷つきほくろが出来る原因となります。その他、赤いほくろも存在します。老人性血管腫と言い、皮膚の中の毛細血管が増殖して浮き出た状態のことです。これも紫外線や外部刺激により発生します。ちなみに、ほくろのように見える悪性腫瘍もありますので注意です。急速に大きくなった場合や、中心にしこりがある場合は、悪性の可能性がありますのですぐに医者にかかってください。悪性以外のほくろは放っておいても害はありません。しかし、顔の目立つ位置にあるものやサイズが大きいものは、取り除きたいと思う人が多いでしょう。今は市販のクリームもあり自宅でケアすることも可能ですが、綺麗に消したい場合は、やはり整形が一番良い手段です。

除去する方法を説明します

ほくろを除去する整形といっても、種類がいくつかあります。知っておきたい主な種類を挙げておきます。はじめに、レーザー治療です。これは、医療用のレーザーを照射する治療です。現在は多くの医療現場で導入しており、主流の整形方法となっています。そして、レーザーを照射する機械も大きく分けて2つあります。1つは炭酸ガスレーザーです。ほくろの中の水分を蒸散させるレーザーを当てて、ほくろ全体を削り取ります。除去と同時に止血も出来るので、早く傷が癒え、痛みも少ないというメリットがあります。色が薄いものや盛り上がったものなど、多様なほくろに対応出来ます。もう1つはQスイッチルビーレーザーです。メラニンのみを吸収する光を当てることで色素を限りなく薄くします。他の正常な皮膚や細胞にはダメージがないので、安全に治療が出来ます。また、くりぬき法という方法もあります。特殊なメスでほくろの大きさギリギリに小さく皮膚をくりぬく方法です。直径がおよそ6mm以下の、小さなものに有効です。傷の縫合は行わず、軟膏を塗ってケアします。レーザーよりも奥の組織まで除去出来るため、根が深いほくろの場合も安心です。次に、電気凝固法があります。これは、電気メスを利用して、ほくろをかさぶたのように薄く固めて取り除きます。皮膚を削るのと同時に血を固めるので、出血がほとんどありません。直径1cm以上の大きなものや盛り上がりのあるものに適しています。そして最後に、切除縫合法です。普通のメスを使って該当部分を切除し、その後傷を縫い合わせる方法です。こちらも大きなものや盛り上がりのあるものの場合に用いられます。医師の腕で術後の結果は変わりますが、技術の高い執刀を受けた場合はどの方法よりも綺麗に除去出来ます。