レディー

ほくろをクリニックで除去する│コンプレックス解消プラン

さらばコンプレックス

スキンケア

専門機関での除去がベスト

目元や口元のほくろは、セクシーで憧れるという女性は多くいます。しかし、顔にたくさんできたり、大きなほくろは、本人にとってはコンプレックスの塊でしかありません。では、どうやったらほくろを取ることができるのでしょうか。まず、自分でできる方法としては、除去クリームを使う方法やお灸による方法があります。除去クリームは、ほくろに塗るとその部分の皮膚が刺激され、後にかさぶたとなってほくろの部分が取れるというものです。ただし、これは火傷のような跡が残る場合もありますので注意して使用しましょう。また、除去クリームは日本では製造されていないので、通販などで海外製品を購入することになります。お灸による方法は、ほくろの部分にもぐさのお灸を据え、ほくろを焼いて除去します。焼いた部分が数日から数週間すると乾燥してきて、かさぶた状になり剥がれおちます。ただしこの方法は、皮膚を焼くので火傷の危険が高く、火傷跡が残らないように注意が必要です。自分で除去するのは、自己責任であり跡が残ってしまう可能性が高いですが、最近では、整形技術が発展しており、ほくろの除去も気軽に病院で行えるようになりました。安全にそして確実にほくろが除去でき、跡が残りにくいため、皮膚科や美容整形外科などでの除去が人気となっています。特に、大きめのほくろや根が深いものは、自分で治療するのが困難です。また、悪性のがんであった場合には、自己治療は危険です。そのため、きちんと医療機関で受診して、除去する方が安心です。

種類によって治療法も様々

では、実際の除去方法にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、レーザーによる除去方法があります。小さなほくろに対して有効で、レーザーを当てることによりメラニン色素を破壊していきます。施術後は、少し赤くなりますが1週間程度で跡が消えていきます。または、炭酸ガスのレーザーによって、細胞を蒸散させてくりぬく方法です。これは、患部が少しクレーターのようになりますが、次第に新しい皮膚が再生してきて、跡が消えていきます。上記の色素を破壊する方法と比べると、盛り上がったタイプのほくろにも有効な方法です。レーザー以外の方法としては、切除したり、くりぬく方法があります。大きなほくろであれば、周辺の皮膚とともにメスで切除することになります。その後、患部を縫い合わせたり、抜糸をし、傷口が化膿しないように薬を使用します。ただし、傷口が多少残ってしまう方法となっています。また、大きなものでは、液体窒素で凍結させてから焼き取るという方法もあります。様々な治療方法が存在しますが、保険が適用となる場合とそうでない場合があるので事前に確認しておきましょう。基本的に、美容整形手術は、保険が適用とならないケースが多いですが、治療が早く、跡が残りにくいというメリットがあります。また、ただのほくろと思っていても、悪性のがんである可能性も否定できません。素人では、ただのほくろと悪性のがんの区別は非常に困難なので、まずは、皮膚科や美容整形外科で診断してもらうことが必要です。

注射治療

顔の黒点を取る方法

ほくろは大きさや形、色、さらに根の深さや病気の危険性など、状態が人により異なります。小さく根が浅い場合は除去クリームなどで取れる可能性が高いとされますが、大きい場合や根が深い場合は整形外科などで切除する方が確実です。

微笑む女医

黒い点を消しましょう

ほくろはメラニンを作る母斑細胞が集まったものです。発生原因は、遺伝や紫外線、ストレスやホルモンなどです。ほくろのようですが急速に増える悪性腫瘍以外は放っておいても無害ですが、除去したい場合は整形が一番です。整形にも、レーザー治療、くりぬき法、電気凝固法、切除縫合法といった種類があります。

鏡を見る女性

皮膚治療の方法

美容整形クリニックでのほくろの治療では、大きさや発生部位の深さによってレーザーや切除術が適用されます。施術後は、通常一定期間メイクを控えることが必要です。最近では、治療後すぐに使用出来る専用コスメが登場しており、すぐにメイクが再開出来ることもあります。